『整形美人』の再放送にはまってます

今、関西だけかも知れませんが、お昼にドラマ『整形美人』が再放送されていて、第6話という途中から見始めたにもかかわらず、すっかりはまってまするんるん

というのも、『のだめカンタービレ』の再放送を録画しようとして、知ったのでした。わーい(嬉しい顔)

私のようにご存知ない方のために、ちょこっとあらすじをご紹介しますね。

代々、ブスの家系に生まれた、醜い容姿を持つ故に愛を得られず、苦悩の日々を送ってきた女・早乙女保奈美。一発念起をした彼女は、地中海で約800万円の大金をかけた全身整形を受け、完全無欠の美女に変身。憧れのモデルにデビューして、幸せな人生を手に入れる。しかし、彼女が一目惚れした男性・華道家元の跡取り息子・藤島流翠は、そんな彼女の「心のブス」を見抜いていた…。(『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

主役の美容整形した早乙女保奈美を米倉涼子、彼女が一目惚れした家元、藤島流翠を椎名桔平、保奈美の双子の妹早乙女成美を北陽の虻川美穂子(あぶちゃん)、父役を小倉久寛、母役を柴田理恵が演じてます。

だから、笑えるところもたっぷりあるんですが、第9話の『涙と感動のビューティーコロシアム…別れ』では、涙が・・・もうやだ〜(悲しい顔)

「造化は愛せない」って流翠に、ウソをついてるのが耐えられなくなって全身美容整形(目を二重、あごを削り、鼻にプロテーゼ、脂肪吸引、胸にパッド)したことを告げると、やっぱり流翠は保奈美にもう会おうとも話も聞こうともしなくなり、それで保奈美はなんと『ビューティーコロシアム』に出場し、何故美容整形をしようとしたのかを訴えるのです。

「美容整形がいいのか悪いのか、私にはわからない。でも、何もしないで、自分を蔑んだり、ぐじぐじ言うより、いいと思う。」

ジーン。

2002年のドラマだったんですね。

始めから全部見たい方は、 整形美人。DVD-BOX (楽天では在庫ナシでした。)

たかの友梨ビューティクリニック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。