リジェンACR(肌再生)@

リジェンACR療法って、ご存知ですか?

単にACRと呼ばれたり、多血小板療法、PRP(自己多血小板血漿療法)、PRP注入療法と呼ばれたりしますが、1998年RobrtMarxさんが、顎骨再建治療での骨再生の増大目的で、リジェンACR療法を使用されたのが始まりで、いまでは歯科領域では当たり前えの治療になってるそうです。

とくに、インプラントでは、リジェンACR療法を利用したクリニックが人気がでて評判になったってことが有名なんですって。

また、形成外科領域でも、皮膚潰瘍の治癒促進にこの評判治療法を利用してりそうです。

どんな治療法かというと、リジェンACR療法というのは、自分の血小板を使って、自分の力で皮膚の再生を図るという治療です。

血小板には、PDFG、FGF、EBF、VEGなど血管の新生やコラーゲンの生成を促し、創傷を治癒させる因子があって、怪我をして血が出た時、傷口に最初に集まって、傷を自分で治そうとします。

偉いですね〜!

その再生能力を美容分野で生かそうというもので、下記のようなことを改善することができます。

・顔の皮下組織コラーゲンの増加によるタイトニング
・法令線(鼻唇溝)やマリオネットラインの緩和
・目の下のたるみしわ
・めじりのしわ(カラスの足跡)
・くちびるの老人様しわ
・おでこのしわ
・ニキビあと(あばた)

それに、自分の血液を使用するので、他の治療法に比べ安全性は格段に高いそうです。

あと、リジェンACR施術後は、通常2週間くらいしてから徐々に皮膚のしわやたるみが改善されていくので、お友達に会っても、「あ〜、なんかいじったでしょ!?」なんて言われることにならないそうです。

それに、半年から1年間効果が持続するそうです。

長くなってきたので、リジェンACRの施術の流れ、金額などは、次回お話しま〜す。
たかの友梨ビューティクリニック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。