リジェンACR(肌再生)A

リジェンACR療法の凄さを前回ご紹介しましたが、今回は、リジェンACR療法の施術の流れ、注意点、費用などをお話したいと思います。

まずは、リジェンACR療法の施術の流れから。

@カウンセリングで納得いくまで相談し、不安を解消。

A麻酔のクリームを注射する部位に満遍なく塗布。

B注入する血小板の元となる血液を肘の静脈から採取。
 (量は、目の下のシワの改善とほうれい線の改善だと、10CC程度。)

C採血した血液を特殊試験官に入れて、遠心分離機にかけ、高濃度の血小板を生成。

D注射器で、生成したCの多血小板血漿を必要なところの皮下に、浅く注射。
表面麻酔と極細のエンジェルニードルという注射針を使用するので、施術中の痛みは少ない。

注射をしている時間は10分くらい。

以上、約1時間ということです。

なお、治療院によっては、AとBが逆の場合もあります。

術後、メイクして帰ることができます。

腫れは、通常、次の日にはかなり改善し、2〜3日で日常生活に支障のない程度になるそうです。

内出血は、ほとんど起きないけれど、もし起きたとしても3〜7日で、赤味は、1〜3日出ることがあるものの、どちらもメイクでカバーできる程度だそうです。

ただ、施術当日は赤味が強く出る場合も、稀にあるので、帽子などを持っていく方がいいかも。

それから、気をつけるところとしては、ふき取りタイプのクレンジングは避け、こすったり、過度に温めたり冷却したりしてはいけないようです。

顔のマッサージなども、1ヶ月くらいは避けた方がいいそうです。

さて、気になるリジェンACRのお値段ですが、部位や範囲によりますが、大体15万円〜25万円って感じです。

元々自分の血液を使うので、他の治療法に比べ安全性は格段に高い上、半年から1年間効果が持続するなら、いいかも〜。わーい(嬉しい顔)



たかの友梨ビューティクリニック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。