アニメの世界に逃げ込んだ「肉じゃが」

細い目と丸い鼻、そして73kgという容姿から、ついたあだ名が「肉じゃが」、いじめられ罵倒され、いつしか漫画やアニメの世界に逃げ込むようになっちゃった鳩山希美(仮名)18歳。もうやだ〜(悲しい顔)

初恋の人は、アニメのキャラクター。

そんな彼女が、現実の世界の一人の男性(職場の上司)に恋揺れるハートをし、大好きなアニメ『ワンピース』のニコ・ロビンのようにきれいになって告白したい!って思って、ビューティーコロシアムに申し込まれたそうでするんるん

いいですね〜。わーい(嬉しい顔)

そして、先生たちのプランは、「あらゆるテクニックで、かわいらしい女の子に変身させる」ってことで、始まりました。

彼女も、マンガを封印し、部屋をきれいにし、心身ともに美しくなろうと努力します。(けなげ〜!)

そのVTRを見た西村知美ちゃんが、「部屋の整理は、心の整理」って。

名言ですね〜。
覚えておきましょうるんるん

さて、2ヶ月経った彼女は・・・なんとも、えくぼのチャーミングな女性に大変身exclamation

まず、大塚美容整形の半田先生は、脂肪吸引で16キロの減量、目は埋没法で二重にして脂肪も取り、ブタっ鼻は耳たぶから軟骨を取って鼻の真ん中に入れたそうです。

メイクアップアーティストの三上宏幸先生は、ラブリーメイクをイメージし、太い眉毛をプリティーもてまゆにするテクを伝授されてました。

それは、眉頭の太さは1センチ、眉山を黒目の外側から眉尻の間に作り、眉尻は小鼻と眉尻を結んだ延長線上にする、下のラインは山を作らず、なだらかな坂に、下書きが済んだら毛の流れに逆らうように、眉尻から眉頭に向かってカットする、髪よりの1トーン薄い色の眉ズミで眉毛の印象を和らげる、です。

速攻、真似しましょう!わーい(嬉しい顔)

ヘア・アーチストの坂巻哲也先生は、誰でも痩せて見えるようになるストレッチシルエットヘア、伸ばして寄せてを施されました。

それは、胸までの色の違うエクステンションを交互につけ、トップにウイッグをのせて縦に伸ばし、顔の周りは痩せて見えるように内側を長くカットし、伸ばした部分にカールをかけ、ふんわりと軽い印象にする、です。

これも、今すぐ使えるテクです!

スタイリストの松本光司先生は、黒いワンピースと黒いブーツとロングネックレスで縦のラインを作り、ハイウエストの赤いベルトで足長効果、大きく開いたネックラインで小顔効果、黒と赤のコントラストの強い配色でシャープな印象を作られました。

憧れの人にデートを申し込んだ結果は、主任と言う立場上ダメってことでしたが、ニコニコと本当にキュートな女性になられたので、絶対幸せな恋が待ってるって感じ。

お幸せに揺れるハート








たかの友梨ビューティクリニック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。