中村うさぎ『美人になりたい』 パート2

中村うさぎさんの本『美人になりたいーうさぎ的整形日記 』からの抜粋 パート2です。

前回の中村うさぎ『美人になりたい』 パート1を読んでない方は、まずは←を読んでね。

私は、整形したことには理由がありました。
顔に関するコンプレックスがあったけど、ひとつは、整形することで自分がどう変るかを、世間の人に言いたかった。
整形せずに「整形反対」って言うくらいだったら、やってみて「こう思いました」と言いたかったのね。
失敗したら失敗したでネタになるっていうのは、そういうことなの。
失敗したら、それを受け入れる気もあるわけ。

皆さんは私ほどイロモノになる必要はないけどね(笑)。
でも、整形したことで、その後のことを変えていきたいのであればいいけど、痩せればモテるとか美人になれば玉の輿にのれるんじゃないかっていう発想をしている人は、先生にまかせっぱなしになってしまう。
「おまかせします」だと、出来に満足できなかった時に、先生のせいになってしまうし、それで整形ジプシーになってしまったりもする。
何もかも受け身な人はダメ。
「私は整形することで、こうしたい。それをするためには、今の顔がねっくになっている」というくらいのことで整形するべきだと思う。
そのかわり、思い通りにならなかったら、その結果も受け入れるつもりがないといけないよね。

中村うさぎ『美人になりたい』 パート3に続く
たかの友梨ビューティクリニック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。