中村うさぎ『美人になりたい』 パート6

中村うさぎさんの本『美人になりたいーうさぎ的整形日記 』からの抜粋パート6です。

中村うさぎ『美人になりたい』 パート1
中村うさぎ『美人になりたい』 パート2
中村うさぎ『美人になりたい』 パート3
中村うさぎ『美人になりたい』 パート4
中村うさぎ『美人になりたい』 パート5

だから私は、「整形したことを人に言えない」という人には、「整形」を薦めたくない。
「整形」を「恥じ」だと思うのなら、そんな自分が恥ずかしいと思うようなこと、最初からしなきゃいいのである。
そういう人は、たとえ整形が成功しても、「みんな、私が整形したと思ってるんじゃないかしら」などと考えて冷や汗をかき、結果、ますます不自由な人生を送ることになると思う。意中の人と恋に落ちても「いつ整形がバレるか」みたいなことを気にかけなきゃいけないし、そんなビクビクした人生、楽しいかしら?
整形って、「楽しい人生を送る」ためにするもんでしょう?
べつに私みたいに大々的に言いふらす必要はないけどさ、もし誰かに「整形したの?」と聞かれた時にドギマギしたり嘘をついたりしてしまいそうなら、いっそ整形なんかしないほうがいいのよ。
ねぇ、そう思わない?
自分のやったことを堂々と認められないのは、「自己責任」を取れないってことじゃない?
そんな自分ですら責任取れない行為、誰が責任取ってくれるというの?

皆さん、私はね、心から思うの。
綺麗になりたいと思うのは全然悪いことじゃない、なのに「整形美人はインチキ」だなんて思っちゃうのは、自分で自分の可能性を狭めているに過ぎないのよ。
メイクをしたりアクセサリーをつけたりして自分を綺麗に演出するのと同様、「整形」は「綺麗になりたい」欲をかなえてくれるひとつの手段でしかない。
そこから先の人生は結局、自分で作っていくものだし、劇的な人生なんてどうせ訪れないんだから「インチキ」って言うほど大層な事じゃないんだよ。
整形で変るのは単に「顔」だけ。
あとは「自分自身」の問題。
皆さん、そこを踏まえて整形なさってね。


始めのコスメ企画でどんな化粧品を使われたか、アートメイク、奥二重埋没法のプチ整形ボトックス注射ヒアルロン酸注射フェイスリフトの整形手術を受けてる時やその後の様子、その時々の気持ち、周りの反応などが書かれてるので、『美人になりたいーうさぎ的整形日記 』超お薦めでするんるん
たかの友梨ビューティクリニック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。