悲しき出っ歯バイ菌

上の前歯2本は外向きという極めていびつでガタガタな出っ歯なため、子どもの頃から『出っ歯バイ菌』と呼ばれてきた18歳が登場。

イジメに耐え切れず、卒業を目前にした3年生の冬に高校を辞め、6人兄弟の母子家庭の長女で、ちょっとでもお母さんを助けたいと思って仕事をしようと面接に行っても、人前に出る仕事はことごとく不採用で、帽子とマスクで顔を隠した工場での仕事をされています。もうやだ〜(悲しい顔)

「この歯がある限り、私の暗い人生は変らない。」

3ヵ月後、登場した彼女は、学園ドラマに出てきそうなキュートなぴかぴか(新しい)女の子に。わーい(嬉しい顔)

大塚美容形成外科で、セラミックのブリッジ法により、きれいな出っ歯を作り、それを歯並びごとにぐっと下げ、全然なかった顎は、顎の厚みの分だけ下を前にずらし、立体感のあるきれいなラインを作りだされたそうです。

目鼻もいらったそうなのですが、詳しいことはおっしゃらなかったので、わかりませ〜ん。ふらふら

メイクは、TAKAKOさんが担当し、見えないようにアイラインを入れ、つけるところが透明な付けまつげを選んで、ブラウン1色でナチュラルに。

ヘアーは、高野道生さんが担当され、ちょっとレトロな元祖アイドルを。

ファッションは、桐原三恵子さんが担当され、アクティブな感じに。

ほんと、ちょっと『花より男子』に出た加藤夏樹ちゃんに似てるような・・・

美容整形って、ちょっとズルイ!って思っちゃうほど、かわいくなってましたね。わーい(嬉しい顔)

これからは自信をもって、よい仕事に、素敵な彼氏との恋をしていってくださ〜いるんるん

なお、『ねずみ男』と呼ばれてきた方が、2年の施術が済み、いよいよ次回の『ビューティーコロシアム』に登場されるそうです。

どんな風に変られてるのか、楽しみですねるんるん
たかの友梨ビューティクリニック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。