高密度焦点式超音波タルミ治療マシン

NHKテレビ『あさイチ』の6月25日放送『“お肌の細胞”に喝!!驚き 美容医療・最前線』で、『たるみ』で紹介された高密度焦点式超音波タルミ治療マシン。

美容の特集は、やはりすごい反響だったようです揺れるハート わーい(嬉しい顔)

見過ごした方、もう一度きちんと知りたい方、お役立てくださいるんるん

まず、高密度焦点式超音波たるみ治療マシンとは、肌の皮下組織と筋肉の間にあるSMASと呼ばれる筋膜と真皮層に超音波をあて、熱で筋膜を引き締め、かつ、コラーゲン線維を破壊、再生することで、たるみの改善をはかる治療法のことです。

そんな治療法なので、高密度焦点式超音波タルミ治療マシン治療直後に、筋膜の引き締め効果、その後2か月目頃から、コラーゲン線維の再生による肌のハリなどの効果が現れると考えられています。

でも、はっきり皮膚が垂れ下がっているような場合は、フェイスリフトまぶたの下垂手術のように、メスで切って、皮膚や組織を持ち上げるなどのような手術が必要だそうです。もうやだ〜(悲しい顔)

高密度焦点式超音波たるみ治療マシンのような切らない方法は、比較的若く、それほどたるみがひどくない方に向いているそうです。

ちなみに、番組で治療を行なった医療機関は、「クロスクリニック新宿」です。
(住所:東京都新宿区西新宿1-4-2 141ビル7F 電話:フリーダイヤル0120-51-2590)

もっと詳しい情報が欲しいなら、ホームページ(http://www.cross-clinic.com/)をのぞいてみてみて晴れ

なお、シワの「PRP(多血小板血しょう)療法」とシミの「トレチノイン療法」は、次回書きますね♪
たかの友梨ビューティクリニック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。