PRP(多血小板血しょう)療法

NHKテレビ『あさイチ』の『メインテーマ“お肌の細胞”に喝!!驚き 美容医療・最前線』で、しわ改善にはってことで紹介されたPRP(多血小板血しょう)療法のお話を、書きます。

見損ねたあなた、見てたけどちゃんと見てなかったあなた、参考にして下さいね揺れるハート

まず、PRP(多血小板血しょう)療法とは何かと言いますと、みずからの血液から作ったPRP(多血小板血しょう)を、シワの気になる部分に注入、肌のハリが戻り、皺の改善がはかられる治療法のことです。

PRP療法治療後の2か月目頃から効果が出始め、手入れをきちんとすれば、2年ほどもつと考えられているそうです。

気をつけたいのは、より強い効果を求めて、PRPに人工的な成長因子を混ぜる治療法があるそうなんですが、しこりなどの副作用が起こることも有りうるとのことですよあせあせ(飛び散る汗)

なお、番組で治療を行なった医療機関は、医誠会病院形成外科です。
(住所:大阪府大阪市東淀川区菅原6丁目2−25 電話:06−6326−1121)
ホームページ:http://www.iseikaihp.or.jp/

また、理論については、関西医科大学形成外科教授、楠本健司さんで〜す。

ちなみに、関西医科大学枚方病院では、美容目的でのPRP療法は行われていませんので、ご注意ください。ふらふら

他にやってたタルミを改善する「高密度焦点式超音波タルミ治療マシン」も見てくださいねるんるん
たかの友梨ビューティクリニック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。