切らないフェイスリフト

切らないフェイスリフトが、美容整形の最先端の国・アメリカでは、現在のトレンドなんですって!

アメリカの美容医療って、積極的でカジュアルにメスをいれる手術がもてはやされてるようなイメージだから、ちょっとびっくり!

さて、その切らないフェイスリフトがどんなのか、ご紹介しますね。

・赤外線(Infrared Light)セラピー
これは、赤外線レーザーを照射して、真皮層の比較的上・中層に対して熱エネルギーを与えるトリートメントです。
熱刺激による損傷から皮膚が回復する過程で、線維芽細胞は活性化し、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などが増殖し、たるみを改善。
比較的肌の表面に近い部分で作用するため、小じわなどにすぐに効果が感じやすそうです。
でも、複数回のセッションをすることが通常すすめられます。
製品名としては、タイタン、Lux-IRなどがあります。

・高周波セラピー
これは、ラジオ波と呼ばれる高周波レーザーを肌に当てると、肌の奥の真皮層が振動し、熱が発生し、熱エネルギーは表皮には伝わらず、真皮層にピンポイントで届き、破壊された肌細胞が回復する過程で、コラーゲンをはじめとするお肌の「ふっくら成分」が増殖するため、ハリのある肌になり、たるみが改善するのは赤外線と同様です。
高周波は上で述べた赤外線と比べてより奥まで届くので、顔全体のたるみやほうれい線などによいそうです。
製品名としては、サーマクール、目元などのケアができるアルマ 、またラジオ波ではないですが高周波の超音波を使って似た原理でエネルギーを肌の奥に届けるウルセラなどがあります。

・マイクロニードルセラピー
微少な針を使って無数の物理的損傷を肌の奥に作り、回復する過程でコラーゲンを増殖、それで別名「コラーゲン導入セラピー」と呼ばれます。
作用する深さは0.25mm-1.5mmまで様々で、針の長さだけではなく、施術の際の強さによっても変わってきます。

あれ? これって、たかの友梨さんの↓と同じじゃないexclamation&question

たかの友梨ビューティクリニック

3,800円は、安い! 安すぎる〜! 

キャンペーンが終わる10月末までに行くべしですよ〜exclamation×2

以上これら3つの「切らない」「削らない」フェイスリフトは、施術後、回復のために肌を休ませる時間(ダウンタイム)が短く、仕事を休んだりする必要がないからいいですね。

しかも、切るフェイスリフトよりも安いのも嬉しいるんるん

ただ、他の美容医療にも言えることですが、これらの「切らないフェイスリフト」は新しい技術であり、長期間にわたっての影響や副作用などについてはまだはっきりとわかっていないのが現状・・・ちっ(怒った顔)

それから、これらのトリートメントの真の効果がすべて現れるのは、約6ヶ月後だそうです。
たかの友梨ビューティクリニック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。