四肢延長術

身長を13センチまで伸ばせる、な〜んて言われたら、私だったら受けてみたいと思ってしまいます。

実は私、そんなに背が高くないので、よく満員電車の中で窒息しそうになったりするし、何かを見学や見物しようとしても、前の人で見えなかったり、バスケなんかも前に大きい人が立つと、シュートできなかったり、バレーボールもスパイクしても、すぐブロックされたり、スチュワーデスにも憧れたけど、背が低いと荷物上げられないし、諦めたり・・・と、結構つらい思いをしたりしてます。わーい(嬉しい顔)

だから、背の高い女性には、特に憧れがあって、羨ましく思ってるんです。

でも、背の高い女性は、「小さい方が、かわいらしくっていい」なんて言う人もいますが、やっぱり手足が長いと、服はキマルし、かっこいいですよね!

そういえば昔、ヨガのような体操で伸ばせるって本を買って、ちょっとやってたことがありました。
でも、性格上、続かなかったです。わーい(嬉しい顔)

それが、手術で13センチも伸ばせるとなれば・・・う〜ん、やっぱり受けたくなります。

でも、調べたら、韓国のことですが、これが結構深刻な副作用に悩まされる人は後を絶たず、中には元の生活に戻れなくなった人もいるそうです。もうやだ〜(悲しい顔)

それに、手術費用は数百万円もするんですってダッシュ(走り出すさま)がく〜(落胆した顔)

それでも、お隣の韓国では、年間600人近い人が、長身を夢見て四肢延長手術を受けているんだとか。

高学歴はもちろんのこと、見た目が勝負の国ですもんね、気の毒ですが納得です。

どんな手術かっていうと、足に金属製の機器を取り付け、人工的に骨折させ、骨を少しずつ延長させる、骨が伸びれば背も高くなるという仕組み。

そして、太ももの骨と、ふくらはぎの骨をそれぞれ手術すれば、「最大で13センチまで伸ばせる」のだそう・・・

あ、これって、以前紹介した大阪の美容整形サイボーグ・ヴァニラのイリザロフ法と同じexclamation&question

成功してる人もいるから、続々と手術する人がいるんでしょうけれど、韓国のある30代の男性は、手術から1年経った今でも骨が接着せず、松葉杖がないと歩くことができない、別の20代男性は骨盤が壊死したそうあせあせ(飛び散る汗)ちっ(怒った顔)


リスクとの折り合い、よ〜く考えてしなくてはねるんるん

たかの友梨ビューティクリニック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。