ボトックス注射の副作用

ボトックス注射による死者がアメリカで出たかもというニュースについて書きましたが、日本ではどうなのか、書きたいと思います。


ボトックスのもとボツリヌス菌は、適切な使用が行われる限り安全性で優れた製品だと言われており、日本では死者は出てないようです。

ただ、ボトックスの量によっては、そして注射した場所によっては、拡散して近隣の筋肉に作用して下記のような副作用を招くおそれがあるようです。

頭痛、アタマが重い
頸部筋脱力感
倦怠感
一時的な顔面麻痺
瞼の下垂目が赤くなったり目を閉じるのが困難になる、なみだ目、目の乾燥
つばを飲み込むのが困難になる
注射部位の皮下血腫、腫れ、疼痛、打撲のようなしこり、紅斑
注入部位における違和感、疼痛
吐き気、インフルエンザ症候群
アナフィラキシー症状
麻酔によるアレルギー反応やショック症状
注入時の感染症
急激な血圧の低下
その他禁忌の人が治療を受けた際の症状の悪化

読んでると恐くなりますね〜。もうやだ〜(悲しい顔)

でも、一般的にはまれだそうです。

教えてgooに、美容整形ではなく、片側顔面けいれんでボトックス注射を受けた方が、翌日気分が悪くなり呼吸が荒く、立ち上がれなくなり救急車で病院へ搬送され、その翌日から39度の高熱が2日続いた方の投稿が載ってました。

無事退院されてよかったです。わーい(嬉しい顔)

チ整形だからと安易には考えずに、ご自身の体調も考慮して受けるようにしましょう!


関連記事 http://app.blog.livedoor.jp/dm6/tb.cgi/50628909

たかの友梨ビューティクリニック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。