鼻を高くする(隆鼻術)

「クレオパトラの鼻がもう少し低かったら世界の歴史は大きく変わっていただろう」なんて言われるように、意外と鼻の高さを変えるだけで、顔の印象が変わります。

鼻筋がす〜っと通った高い鼻って、クールビューティ系の美人って感じがしますもんね。

実は私の母も子供の頃鼻を高くしたくって、洗濯ばさみで鼻をつまんでたことがあるそうです。わーい(嬉しい顔)

美容整形では、どうやって鼻を高くする(隆鼻術)のでしょうか?

切らずにする方法としては、ヒアルロン酸注射アクアミド注射があります。

本格的な隆鼻術としては、シリコンプロテーゼの挿入があります。

これは、右の鼻の中を3〜4ミリ切開、そこにシリコンプロテーゼを挿入、切開した部分を2から3針縫い合わせ、終了です。

個人差があるようですが、術後2〜3日はかなり腫れ、4日から1週間腫れるようです。

また、目の周りに軽い内出血が半数の方に出るようです。これは4〜5日で消えるとのことですが。

抜糸するまでの1週間右の鼻の穴の傷口をぬらさないようにしなくてはいけませんが、洗顔、洗髪、入浴、メイクは、手術直後からOK!

なお、このシリコンプロテーゼは、アゴのラインを整えるというところでご紹介した心臓の人口弁や人工関節に使われている医療用のものと同じなので、異物反応や発ガン、後遺症の心配はないものです。










たかの友梨ビューティクリニック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。