下の歯が出ている、受け口、しゃくれアゴ

八重歯出っ歯(上の歯)の矯正をご紹介しましたが、今度は、下の歯が出ている場合をみていきます。

単に、歯並びだけが悪いだけの場合であれば、八重歯、歯並びが悪いと同様の治療法となります。つまり、歯の周囲を小さく削った上に丈夫なセラミック陶製の歯をかぶせ、色・形とも思い通りの歯ならびを作ります。

でも、上のアゴに比べ下あごがかなり突き出ている下顎前突(かがくぜんとつ)が原因で下の歯が出ている場合は、手術が必要となります。

手術は、顎や歯の状態に応じて2タイプあります。1つは下あごの4番目の歯を抜去してできたスペースを、後方へ移動させる方法です。もう1つは、歯を抜かずに、下あごの付け根近くの骨を切除して、下あご全体を引っ込める矢状分割です。

どちらの手術も、すべて口の中から行うので、傷痕は残らず、全身麻酔で眠っている間に終了します。
|
たかの友梨ビューティクリニック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。