フケ顔から脅威のセレブ若返り術

ビューティー・コロシアム(B.C.)に登場された58歳の老け顔だった女性の脅威の若返りには、どんな美容術が施されたのでしょうか?

まず、老けて見えていた原因であるこけた頬と鼻の横の深い溝(ほうれい線?)には、メスを使わないシワ取り術がなされました。

こけた頬には、こけた頬、目の上・下のくぼみでご紹介した自分の脂肪を注入。

鼻の横の深い溝(法令線)には、ヒアルロン酸注射を3本打ったそうです。

そして、美容歯科で歯のホワイトニング

メイクは、三上宏幸さんが担当され、セレブな若返りをテーマに、まゆげを柔らかいブラウンで太めに書き、艶肌にするためにパール系ピンクのフェイスパウダーをふんわりと顔全体にのせたそうです。

ヘアーは、野沢道生さんが担当で、ナノスチームと電動コームで徹底的にトリートメントし、所々間引いてカットしてボリュームを出し、色は上品なブラウンで若々しさとセレブな雰囲気に。

服は、東山真紀さんが担当で、若いアイテムのニットジャージと、上質なフラノ生地のオフホワイト色のスカート、襟元はオーガンジーで隠すように立て、エレガントなニュアンス。

いや〜、本当にすっかり芦屋マダムって感じになられました揺れるハート



たかの友梨ビューティクリニック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。