ホワイトニング

「芸能人は、歯が命」、一時はやりましたが、やっぱり笑った時に輝くようなぴかぴか(新しい)白い歯がこぼれたら、素敵ですよね。

それで、私もホワイトニング効果のあるもので日に何度となく歯磨きをしてましたが、段々冷たいものがしみるようになったり、歯が薄くなったような気がしてたら、研磨剤が入ってるからあまりよくないと聞き、急いでやめました。もうやだ〜(悲しい顔)

でも、1日に何杯もコーヒーやココアを飲み、カレーもよく食べるので、以前ほど白くなくなり、ドラッグストアやネットで見つけたものを色々と試してみるのですが、期待するほどの結果は・・・ふらふら

そういえば松田聖子ちゃんの2度目の旦那様って、審美歯科でしたよね? 美容整形の歯科では、どうやってホワイトニングするのでしょうか?

自宅でできる「ホームブリーチング法」があります。
これは、マウスピースの内側にジェルタイプの漂白液を入れて毎日、あるいは2〜3日に1回装着して、歯をだんだん白くしていく方法です。自分の歯を傷つけることなく、眠っている間でもでき、早ければ2日、通常5日間ほどで効果が実感できます。漂白剤はFDAで安全性が認められたものだから安全とのこと。

「デンタルエステ」は、超音波スケーラーやエアーフローなどの専用器具で大まかな歯の汚れをさっぱりと落とし、ハンドスケーラーを使って、がんこな沈着物や歯石を落とし、最後に研磨ブラシでツルツルに磨き上げ、本来の白い歯に戻り、口臭も予防できる方法です。

「ホワイトコート」は、新しいデンタルコスメで、歯の表面に白いプラスティク材を薄くコートするだけで歯を白くする方法で、痛みも無く歯の表面を傷つける心配もなく、マニキュア感覚で白い歯にすることができます。

「レーザーブリーチング法」は、アメリカで新しく開発された技術で、歯の表面に特殊な漂白液を塗布し、専用のレーザー機で光を照射し、化学反応で歯の表面を白く変化させていく方法です。

「ラミネートベニア法」は、歯の表面を0,7ミリ程度削り、セラミックで作られた薄いシェルを代わりに接着する方法です。ちょっとしたしたすきっ歯の場合、この方法で歯並びを修正することができます。

「ブリーチング法」は、先天的に歯の色が黒っぽかったり黄色っぽい方や歯科治療で黒く変色してしまった場合で、歯の裏側に小さな穴を開け、神経を除去し、神経の代わりとなる人体に無害な薬液、特殊な漂白剤を注入して、歯の内側から自然な白さを作っていくやり方です。

ホワイトニングと言っても、色々あるんですね〜。わーい(嬉しい顔)
|
たかの友梨ビューティクリニック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。