脂肪吸引

サプリやエクササイズ、運動などでダイエットを試してみても、一時的に減量やサイズダウンできたとしても、気がゆるむとまたリバウンド。
残念ながら、私を始めその繰り返しの方が多いようです。

美容整形の分野では、脂肪吸引がありますが、どんな方法なんでしょうか?

脂肪吸引する部位や量によって違ってきますが、大まかには、まず麻酔をし、脂肪を取りたい部分の目立たないところに小さな穴を開け、そこから細い管(カニューレ)を挿入し脂肪を吸引、穴を1〜2針縫合、1週間後に抜糸で終了。

脂肪吸引できる部位は、頬、二重アゴ、二の腕、お腹、わき腹、腰、背中、ヒップ、太もも、ふくらはぎ、足首などです。

普通のダイエットは、脂肪細胞を小さくしていくことですが、脂肪吸引は、脂肪細胞自体が減る上、残った脂肪同士がくっつき合って脂肪を蓄積しにくくなり、ぴかぴか(新しい)太りにくい体質に変わっていくそうでするんるん

そして、吸引した自分の脂肪を、バストに注入してバストアップすることも可能なんですってダッシュ(走り出すさま)

ただ、欲張って一度に沢山脂肪吸引すると、脂肪吸引による死亡事故ってこともあるので、気をつけましょうexclamation
たかの友梨ビューティクリニック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。