どれくらい痛いか?(中村うさぎ)

美容整形の痛みって、どれくらいのものなんでしょうか?

そこで、スマスマに登場されたのは中村うさぎさん。

2002年から6年間、ご自分の丸顔が大嫌いで、ボトックス、ヒアルロン酸を打つプチ整形から始まり、メスを入れるリフトアップ整形手術にまでチャレンジされ、その体験を『美人になりたい―うさぎ的整形日記』や『マッド高梨の美容整形講座』として、本にされてますから、もう美容整形の達人と言えそうですね。

ちなみに、受けられたプチ整形、美容整形は、
二重まぶたの手術・切開法、埋没法
ボトックス注射
ヒアルロン酸注射
アイリフト
スレッドリフト
フェイスリフト
ほくろ取り
軟骨を入れる手術
豊胸手術
下腹部の脂肪吸引
お尻の脂肪溶解注射。

すっご〜い! 

お金持ち!

もっとも、先ほどの本で、元以上になってるかも。

作家っていいですね。わーい(嬉しい顔)

中村うさぎさんのビフォー・アフターを見ると、ホント美容整形受けたくなります。わーい(嬉しい顔)

で、気になる痛みについてですが、中村うさぎさん曰く、手術中は麻酔をしてるし、術後は鎮痛剤を飲むから、耐えられない痛みはなかったそうです。

ただ、豊胸手術の場合、胸が硬くならないように術後にはマッサージをしないといけないものの、傷口をぐいぐいもまれてる感じで、相当痛いそうです。

「ついついマッサージをさぼってしまい、私の胸は硬い。」ともおっしゃってました。

でも、痛みって、個人差があるそうですから、中村うさぎさんが痛くなかった手術でも、痛みを感じるかも知れませんから、注意下さいね。




| 痛み
たかの友梨ビューティクリニック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。