目の下のふくらみ・クマ取るプチ整形カテゴリの記事一覧

目の下のたるみ・クマをプチ整形で取り除く

若いのに、目の下にクマをかっている人がいます。

また、年をとってから目の下がふくらんで、たるんできたりします。

そんな方にいいのが、下まぶたの裏側の数ミリの穴から脂肪を吸い出すというプチ整形。

かかる時間は10分〜15分ほどで、腫れもなく、傷痕も残らず、これで目の下のクマからもたるみからも簡単に開放されます。

その程度では解消されない方には、美容整形があります。

やり方は、目の下のたるんだ部分に麻酔注射をしてから下瞼の裏側に5〜10ミリ程度の小さな穴を開けて、余分な脂肪を取り出します。

この場合、40分程度かかり、個人差はありますが、術後1〜2日は安静にし、激しいスポーツは2週間ほどしてからの方がいいです。

ただし、シャワーは、翌日から傷口をぬらさないように気をつけるのであればOKです。





たかの友梨ビューティクリニック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。